IPv6普及・高度化推進協議会

54.225.26.44
HOME事務局からのお知らせお問い合わせサイトマップENGLISH
ビジネステストベッドWG
(2010年06月23日)
IPv6対応リファレンスモデル[2010]

リファレンスモデルについて

IPv6普及・高度化推進協議会 ビジネステストベッドWGでは、 IPv6の導入に際して確立しなければならない具体的な移行手順を、典型的なネットワーク構成の上で作成し公開いたします。

今回、ISPの一般的な構成として以下の3つのモデルを想定して移行手順書を作成いたしました。

・大規模ISPの典型的
下部に二次ISPなどの事業者を収容する大規模なISPの典型的なネットワーク構成
・中小規模ISP
下部にエンドユーザのみを収容する中小規模なISPの典型的なネットワーク構成
  • 中小規模ISPリファレンスモデル公開版[pdf 460kb]
  • 中小規模ISPリファレンスモデル構成図公開版[pdf 394kb]

    • 項1. マルチホーム環境において、上位へのv6接続専用ルータがない状態で、上位向け両方をdual stackに移行する場合
    • 項2.マルチホーム環境において、上位へのv6接続専用ルータがない状態で、上位向け片方(AS65101)だけをdual stackに移行する場合
    • 項3. マルチホーム環境において、上位へのv6接続専用ルータを用意し、上位向け両方をdual stackに移行する場合
    • 項4. マルチホーム環境において、上位へのv6接続専用ルータを用意し、上位向け片方(AS65101)だけをdual stackに移行する場合
    • 項5. シングルホーム環境において、上位とstaticで接続している場合
・CATV事業者が運営するISP
CATV事業者が運営するISPの典型的なネットワーク構成
  • CATVリファレンスモデル公開版[pdf 217kb]

    • 項1. Cisco社製のCMTSを使用する場合
    • 項2. ARRIS社製のCMTSを使用する場合で、MDF(Multicast Downstream Forwarding)を有効にすることが出来ないラインカードの場合
    • 項3. ARRIS社製のCMTSを使用する場合で、MDF(Multicast Downstream Forwarding)を有効に出来るラインカードの場合
  • CATVリファレンスモデル構成図公開版[pdf 93kb]

皆様の自前のネットワーク構成と比較し、実際にIPv6を適用する際の参考としてください。

※本件は、平成22年度総務省施策「IPv6対応に向けたテストベッドによる実証実験に係る請負」の一環として実施しております。

前のページへ戻る
ページ最上部へ
WG/SWG LATEST NEWS
IPv4アドレスの枯渇時に生じる諸課題に適切に対処するための手順書(Vol.2)
(IPv4枯渇に係るインターネット新技術導入に向けた検討WG)


「アクセス網IPv6サービス導入推進SWG 議事録」を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


「国内IPv6対応サービス状況チェックで発見された事例について」を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


「IPv6家庭用ルータガイドライン第2版とTR-124i2の比較」を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


「アプリケーションのIPv6対応ガイドラインWebアプリケーション編(案)」のパブリックコメント実施<締切延長>
(アプリケーションのIPv6対応検討SWG)


IPv6対応セキュリティ課題整理「IPv6 Security List of Considerations(6SLoC)(Ver1.0-cfc)」を公開
(セキュリティWG)


IPv4アドレスの枯渇に伴う情報セキュリティ等の課題への対応に関する実証実験の手順書
(IPv4枯渇に係るインターネット新技術導入に向けた検討WG)


「FMCv6 環境における課題」のパブリックコメント実施
(FMCv6プラットフォームWG)


IPv6 Summit 2013 開催報告書を公開
(ビジネスエクスチェンジWG)


IPv4枯渇対策技術およびHTML5技術等の新技術評価のための新たな検証環境"StarPorte"の利用受付開始に関するご案内
(IPv4枯渇に係るインターネット新技術導入に向けた検討WG)


アプリケーションのIPv6対応ガイドライン基礎編(第1.0版)を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


IPv6対応セキュリティガイドライン(第1.0版)を公開
(セキュリティWG)


「アプリケーションのIPv6対応ガイドライン Socket編」のパブリックコメントを締切
(IPv4/IPv6共存WG)


<締切延長>「アプリケーションのIPv6対応ガイドライン Socket編」のパブリックコメント実施
(IPv4/IPv6共存WG)


「IPv6家庭用ルータガイドライン(2.0版)」英語版を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


v6資格認定
(ビジネスラーニングWG)


Global IP Business Exchange 2011 Autumn開催報告書を公開
(ビジネスエクスチェンジWG)


IPv6検証環境(テストベッド)利用申込みの受付再開
(ビジネステストベッドWG)


「IPv6導入時に注意すべき課題」を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


IPv6対応リファレンスモデル[2011]
(ビジネステストベッドWG)