IPv6普及・高度化推進協議会

54.167.225.62
HOME事務局からのお知らせお問い合わせサイトマップENGLISH
ビジネスラーニングWG
(2010年07月26日)
IPv6ハンズオンセミナー(IPv6オペレータ育成プログラム)のご案内

IPv6普及・高度化推進協議会もメンバーとして参加しております、IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース(以下「当タスクフォース」、代表:東京大学教授 江崎浩)では、2010年のIPv4の枯渇を見据え、IPv6に関するハンズオンセミナー(実習形式のセミナー)を開催しています。

 各コースは実機を利用した演習形式で行います。また、参加人数を少数(定員10名~16名)とさせていただき、IPv6に関する理解度がより一層深まるようにと考えております。2010年度は地方で開催し、これまでIPv6へのハードルが高いと感じておられた皆さまに分かりやすい基礎的な内容を含むセミナーを展開します。この機会に是非ご参加ください。

※本セミナーは平成22年度総務省施策「IPv6対応に向けたテストベッドによる実証実験に係る請負」の一部として開催しております。

詳細・セミナーへのお申し込みは、IPv6ハンズオンセミナー(IPv6オペレータ育成プログラム)をご参照ください。
前のページへ戻る
ページ最上部へ
WG/SWG LATEST NEWS
IPv4アドレスの枯渇時に生じる諸課題に適切に対処するための手順書(Vol.2)
(IPv4枯渇に係るインターネット新技術導入に向けた検討WG)


「アクセス網IPv6サービス導入推進SWG 議事録」を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


「国内IPv6対応サービス状況チェックで発見された事例について」を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


「IPv6家庭用ルータガイドライン第2版とTR-124i2の比較」を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


「アプリケーションのIPv6対応ガイドラインWebアプリケーション編(案)」のパブリックコメント実施<締切延長>
(アプリケーションのIPv6対応検討SWG)


IPv6対応セキュリティ課題整理「IPv6 Security List of Considerations(6SLoC)(Ver1.0-cfc)」を公開
(セキュリティWG)


IPv4アドレスの枯渇に伴う情報セキュリティ等の課題への対応に関する実証実験の手順書
(IPv4枯渇に係るインターネット新技術導入に向けた検討WG)


「FMCv6 環境における課題」のパブリックコメント実施
(FMCv6プラットフォームWG)


IPv6 Summit 2013 開催報告書を公開
(ビジネスエクスチェンジWG)


IPv4枯渇対策技術およびHTML5技術等の新技術評価のための新たな検証環境"StarPorte"の利用受付開始に関するご案内
(IPv4枯渇に係るインターネット新技術導入に向けた検討WG)


アプリケーションのIPv6対応ガイドライン基礎編(第1.0版)を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


IPv6対応セキュリティガイドライン(第1.0版)を公開
(セキュリティWG)


「アプリケーションのIPv6対応ガイドライン Socket編」のパブリックコメントを締切
(IPv4/IPv6共存WG)


<締切延長>「アプリケーションのIPv6対応ガイドライン Socket編」のパブリックコメント実施
(IPv4/IPv6共存WG)


「IPv6家庭用ルータガイドライン(2.0版)」英語版を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


v6資格認定
(ビジネスラーニングWG)


Global IP Business Exchange 2011 Autumn開催報告書を公開
(ビジネスエクスチェンジWG)


IPv6検証環境(テストベッド)利用申込みの受付再開
(ビジネステストベッドWG)


「IPv6導入時に注意すべき課題」を公開
(IPv4/IPv6共存WG)


IPv6対応リファレンスモデル[2011]
(ビジネステストベッドWG)