IPv6普及・高度化推進協議会

3.239.129.91
HOME事務局からのお知らせお問い合わせサイトマップENGLISH
事務局からのお知らせ
(2022年03月02日)
「IPv6移行ショートレクチャー2022(オンデマンド配信)」開催のご案内

「IPv6移行ショートレクチャー2022(オンデマンド配信)」開催のご案内 pdf.png

会員各位
                                            IPv6普及・高度化推進協議会

この度、当団体所属のNTTコミュニケーションズ株式会社様よりIPv6化を
普及促進するための取り組みとして、
「IPv6移行ショートレクチャー2022(オンデマンド配信)」開催のご案内が
届きましたので、お知らせいたします。

参加無料・お申込み→ https://form-ipv6.mon.st/register

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ IPv6移行ショートレクチャー2022 ◇◆ ~ オンデマンド配信のご案内 ~

 【会期】2022年3月1日(火) 10時00分 ~ 2022年3月31日(火) 16時00分
 
 参加無料・お申込みはこちら≫ https://form-ipv6.mon.st/register

IPv6化を普及促進するための取り組みとして、「IPv6普及促進に向けた IPv6移行
ショートレクチャー2022」をオンデマンド配信(3月1日~3月31日)します。
多くの皆様のご登録をお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────────
1.ショートレクチャーの内容
──────────────────────────────────────

本ショートレクチャーでは、現代のインターネット社会の変化から見えるIPv6普及の
必要等を紹介します。また、IPv6化を円滑に行うためにIPv6移行ステップの考え方や
IPv6対応ガイドラインについて紹介します。
尚、別途ご案内となりますが、期間中にボーナスレクチャーとして、IPv6移行につい
ての有識者へのインタビュー映像も追加配信する予定です。

*後日、追加配信予定*
 ボーナスレクチャーの有識者(予定)
 慶應義塾大学 環境情報学部 教授
 中村 修

 北陸先端科学技術大学院大学 情報社会基盤研究センター 教授
 篠田 陽一

 北陸先端科学技術大学院大学 情報社会基盤研究センター 助教
 宇多 仁

 「プロフェッショナルIPv6」著者
 小川 晃通

 NTTコミュニケーションズ株式会社 エバンジェリスト
 宮川 晋

──────────────────────────────────────
2.ショートレクチャーの概要
──────────────────────────────────────

開催期間:2022年3月1日(火) 10時00分 ~ 2022年3月31日(火) 16時00分
開催形式:オンデマンド配信
参加費:無料
言語:日本語のみ

──────────────────────────────────────
3.お申し込み方法
──────────────────────────────────────

参加方法の詳細につきましては、以下の登録フォームよりお申し込みください。
IPv6普及促進に向けたIPv6移行ショートレクチャー2022
お申し込みページ: https://form-ipv6.mon.st/register

お申し込みいただいた方にはショートレクチャー動画閲覧用URLをメールで配信いた
します。
ショートレクチャー受講(動画閲覧)の際は、ご自身のPC等でご視聴ください。

──────────────────────────────────────
4.背景
──────────────────────────────────────

インターネット運用の基盤をなすIPアドレスについては、インターネットの黎明期
より利用されてきたIPv4アドレスが既に枯渇状況に突入し、世界各国においてIPv6
アドレスの導入の推進が行われています。
日本においては、通信機器や通信インフラのIPv6化は概ね完了しており、残された
課題として、企業等におけるIPv6化の促進が挙げられています。また、今後のIoT
時代と相まって、大量のデバイスがインターネットへ接続されることが見込まれる
中、無尽蔵なアドレス数を持つIPv6への対応が不可欠とされています。
総務省では、企業等の情報システムをIPv6環境に移行する実証試験を通して得られ
た知見をIPv6対応ガイドラインとして策定します。
本ショートレクチャーは、IPv6の動向やIPv6対応ガイドラインについて広く認知
いただき、IPv6化普及促進の推進に寄与することを目的としております。

──────────────────────────────────────
5.お問い合わせ
──────────────────────────────────────
NTTコミュニケーションズ株式会社
IPv6普及促進に向けたIPv6移行ショートレクチャー2022 事務局
mailto:ipv6seminar2022-info@ml.ntt.com

*本ショートレクチャーは、NTTコミュニケーションズ株式会社が総務省より
受託した「令和3年度 情報システムやIoTシステム等におけるIPv6導入の普及
促進に係る請負」の一環として実施しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前のページへ戻る
ページ最上部へ