IPv6普及・高度化推進協議会

54.161.108.158
HOME事務局からのお知らせお問い合わせサイトマップENGLISH
海外関連ニュース
本ページに記載のニュースは、The IPv6 Portalの承諾を得て、当該ページ掲載ニュースを翻訳したものです。
翻訳は参考のために提供しておりますが、その品質に責任を負いません。
また、ニュースの内容に関して、本協議会は一切責任を負うものではありません。

【2010年12月のニュース記事】
【清華大学、Mozilla社はIPv6用のブラウザを発表した】(2010年12月31日)
【Comodoのインターネットセキュリティ5.3はルートキットの検出を改善、IPv6を追加した】(2010年12月31日)
【アメリカ国立標準技術研究所(NIST)はIPv6の利用の確保をターゲットに据えた】(2010年12月30日)
【IPの移行とIPv6への移動:今こそ挑戦しよう】(2010年12月30日)
【IEEEのGLOBECOM 2010は最新のモバイルの双方向性の進歩について探究している】(2010年12月30日)
【2010年から2011年のセキュリティの展望】(2010年12月30日)
【2010:ネットワーキングの年を振り返る】(2010年12月27日)
【企業のメッセージ:先にあるIPv6の道のための教訓】(2010年12月23日)
【インターネットアドレスはなくなりつつある】(2010年12月23日)
【データセンタ企業のPhoenix NAPは19番目のキャリアを設備に追加した】(2010年12月23日)
【Isocore社はIxiaをメディアに富んだ居住者用のサービスのAlcatel-Lucentのサービスルータのデリバリーを認証するために用いている】(2010年12月23日)
【AT&T社のGNOCは目を見張るものである】(2010年12月23日)
【米軍はIT業界にIPv6を強力に装備させようとしている】(2010年12月20日)
【IPv6タスクフォースはベンダーの変化に対する準備状況に注目している】(2010年12月19日)
【仮想世界には住民のためのみなのためのスペースがあることを確認している】(2010年12月19日)
【IPv6の指令が迫りくるが、いくつかの機関はまだそれを「受け取っていない」ようだ】(2010年12月19日)
【アップル社はAirportとTime Capsuleのファームウェアとソフトウェアをアップデートした】(2010年12月19日)
【ITコンサルタント業者が2011年の技術動向を予測している】(2010年12月19日)
【サービスプロバイダーはIPv6への移行への準備が整っていないようだ】(2010年12月19日)
【ブロードバンドフォーラムは2010年のファイナルミーティングにおいて記念すべき年を祝った】(2010年12月19日)
【IPアドレス割り当てとルーティング】(2010年12月19日)
【アフリカはIPv6に向けた準備を整えなければならない】(2010年12月19日)
【シスコシステムズはIPv6のアップデートを行った】(2010年12月19日)
【シスコ社は産業界と政府に証明書を発行し始めた】(2010年12月19日)
【Hurricane Electric社は新しいPoint-of-Presence (POP)のトロントにおける標準接続で、グローバルネットワークのリーチを拡大しつづける】(2010年12月19日)
【VLCメディアプレイヤーのダウンロード:何かのビデオファイルを再生してみる】(2010年12月19日)
【DNS:IPv4アドレスの契約にサインするときには注意しよう】(2010年12月19日)
【Enterasys社はネットワークのアドレス割り当てとホストベースの脅威への包括的なソリューションを提供する】(2010年12月19日)
【IPv6:噂は予測よりも正確である】(2010年12月13日)
【バングラデシュはインターネットプロトコルのバージョンをアップグレードする】(2010年12月13日)
【IPv4の評判のフィルタリングは長期的な解決方法にはならない】(2010年12月13日)
【あなたが知るべき名前:IPv6】(2010年12月13日)
【1997年以前のIPアドレスをいかにして守るか】(2010年12月13日)
【AtmelとZigBee認証の無線マイクロコントローラーソリューションをデザインする】(2010年12月13日)
【InternodeはオーストラリアでFRITZ!Boxを発売した】(2010年12月13日)
【アメリカ政府のシスコ社に対するIPv6の支援要請】(2010年12月13日)
【Unicoi Systemsの組み込みネットワークスタックはIPv6のフェーズ2への適合の3年目である】(2010年12月9日)
【無線の標準が動き始めている】(2010年12月9日)
【モビリティーがIPv6の緊急度を高めた】(2010年12月9日)
【Verizon社はIPv6移行サービスを開始した】(2010年12月9日)
【Verizon Businessは次世代インターネットプロトコルへのスムーズな移行を助ける】(2010年12月9日)
【D-Linkは費用対効果の高いオフィスネットワークソリューションを中小企業向けに導入した】(2010年12月7日)
【インターネットの機関がドメイン名、IPアドレスのために集まった】(2010年12月7日)
【インターネットのIPv4の時計は刻々と時を刻んでいる】(2010年12月7日)
【マイアミのIEEE Globecomは今とても良いようだ】(2010年12月7日)
【ウィキリークスは今や数百のミラーからアクセス可能である】(2010年12月6日)
【6から4に伴うトラブル】(2010年12月6日)
【チャイナモバイルはIPv6の実証実験を河南で開始した】(2010年12月6日)
【インターネットアドレスは1月には使い尽くされる:専門家】(2010年12月6日)
【Mu DynamicsのIPサービステスト用のIPv6ソリューション】(2010年12月6日)
【アメリカ国防情報システム局(DISA)は新しいスーパーコンピュータの接続を計画している】(2010年12月6日)
【NetFlow v9はパワフルである、ではなぜ誰も使おうとしないのか?】(2010年12月6日)
【京セラは商用の2種類のカラープリンターを発売した】(2010年12月6日)
【IPv6:革新を報償で動かそう、恐れではなく】(2010年12月6日)
【IPv4のブロックは今年中に底をつくとのニュースである】(2010年12月6日)
【11月に発行されたIEEEのプロシーディングスでは、無線センサーネットワークは実世界のアプリケーションに現実味を帯びてきたとのことである】(2010年12月6日)
【グローバルなIPv4アドレスのプールは数週間で干上がるとのこと】(2010年12月6日)
【IPアドレスのメルトダウンがあなたに意味すること】(2010年12月6日)
【あいているIPv4アドレスのストックはどんどんなくなっている】(2010年12月6日)
【中部大西洋の技術系会社が2011年国際CESで新製品の紹介をする】(2010年12月6日)
【IPv4のD-Dayが近く、大量の残ったアドレスがISPに割り当てられる】(2010年12月1日)
【Q&A:Qing Li、チーフ科学者、Blue Coat Systems】(2010年12月1日)
【今IPv4のために何をするか、どうIPv6に移行するか】(2010年12月1日)
【IPv4に残された時間はなくなりつつある:これがあなたが知るべきこと】(2010年12月1日)
【Peerless Networkは先進的セッションボーダーコントロール用にSonus NBS6200を開発した】(2010年12月1日)
【Peter SundeはICANNの代わりになるものとしてp2pを作ろうと試みている】(2010年12月1日)
【技術はあなたが考えるよりももっともろいものであることを覚えておこう】(2010年12月1日)
【ITU、インターネット、そしてとても議論を呼ぶこと】(2010年12月1日)
【Nokia Siemens Networksはスロベニアで3Gネットワークを拡大する】(2010年12月1日)
【IPフォン製造業者:YealinkのIPフォンがもうIPv6をサポートしている】(2010年12月1日)
【ZoneEditのDNSプラットフォームがバージョン2.0を発表した】(2010年12月1日)
【IPv6、アイルランド、そして未来のインターネット】(2010年12月1日)
前のページへ戻る
ページ最上部へ
ニュースアーカイブ