IPv6普及・高度化推進協議会

107.22.102.16
HOME事務局からのお知らせお問い合わせサイトマップENGLISH
海外関連ニュース
本ページに記載のニュースは、The IPv6 Portalの承諾を得て、当該ページ掲載ニュースを翻訳したものです。
翻訳は参考のために提供しておりますが、その品質に責任を負いません。
また、ニュースの内容に関して、本協議会は一切責任を負うものではありません。

【2010年10月のニュース記事】
【2010年11月に、IP2Location.comのオープンソースAPIとIP2Location PHPモジュールバージョン4.10がリリースされる】(2010年10月31日)
【APECはハイスピードのブロードバンドネットワークを拡大する「野心的な」ターゲットを設定した】(2010年10月31日)
【IPv6への以降の上での沢山の挑戦】(2010年10月31日)
【中国がIPv4の不足に対処するためIPv6の研究開発を加速している】(2010年10月31日)
【アメリカの複数のケーブル会社がIPv6を支配する】(2010年10月31日)
【Mystery、オープンソーススイッチング企業はtop-of-rackの価格優位性を主張した】(2010年10月31日)
【小さなベンダーがセキュリティの技術革新を推進しているとベンチャーキャピタリストが述べている】(2010年10月31日)
【質疑応答:ARINのJohn Curran氏に対するIPv6移行について】(2010年10月31日)
【IPv4にサヨナラのキスをする準備はできている:ICSAラボのGuy Snyderとの質疑応答、パート2】
【BlueCat Networksは中国でのビジネスを拡大した】(2010年10月31日)
【Stars、e-booksととてつもなくすごいNAS】(2010年10月31日)
【国連とインターネットガバナンス、来る4年間:拠り良い関係なのかより大きい役割なのか?】(2010年10月31日)
【AT&Tは他社がIPv6をリードしている間に後れを取っている】(2010年10月31日)
【Hurricane Electric社は1000のIPv6ネットワークを繋いだ世界最初のインターネットバックボーンになった】(2010年10月31日)
【IPv4にサヨナラのキスをする準備はできている:ICSAラボのGuy Snyderとの質疑応答、パート1】(2010年10月31日)
【あなたのISPはIPv6の準備ができているか?】(2010年10月31日)
【Tinet社のIPトランジットサービスはさらにFXCM Holdingsのグローバルオンライン取引の能力を拡大した】(2010年10月31日)
【CyberoamのCR15Wi】(2010年10月31日)
【MarvellとJungoは自宅でいつでもつながるプラットフォームの居住者ゲートウェーを導入するために協同する】(2010年10月31日)
【Crestronは別の重要な米政府の認定証を得た】(2010年10月31日)
【Kontron社は2つの電動冷却装置3UコンパクトPCIボードを発表した】(2010年10月31日)
【ブロードバンド業界は熱効率のよい家庭のために努力しているとHGIが述べた】(2010年10月31日)
【Extreme Networks社はX460ラックスイッチの最先端で最高水準のものを発売した】(2010年10月31日)
【Colocation Americaは自らのIPv6に対するイニシアティブについて発表した】(2010年10月31日)
【マイクロソフトウィンドウズ8:4つの予想される機能】(2010年10月31日)
【IPアドレス管理‐BlueCatで先回りし、明日起きうる問題を今日解決する】(2010年10月31日)
【Clangは2.6.36のカーネルで動く構築をした】(2010年10月31日)
【無線市場は1兆ドルの到達に向かっている】
【IPv4アドレスの縮小は、IPv6の適用への圧力を増す】(2010年10月31日)
【Sonus社のネットワークボーダスイッチNBS5200とNBS9000は「Miercomパフォーマンス認証証書」を得た】(2010年10月31日)
【Express Logic社はThreadX RTOSがEnergy MicroのEFM32 Gackoマイクロコントローラーをサポートしていると発表した】(2010年10月31日)
【H3CはNetLogic Microsystemsの10ギガビットイーサーネットPHYsをS12500と9500Eシリーズのコアスイッチに選んだ】(2010年10月31日)
【AVM Fritz!ボックスフォンWLAN 7390】(2010年10月25日)
【ネットワークパケットモニタリングの母体となるスイッチ】(2010年10月25日)
【1憶8700万ドル以下の契約で、ジェネラルダイナミックスC4システムによって、軍に頑丈なコンピュータとソフトウェアが提供される】(2010年10月25日)
【ARINは評議員会と審議会の新しいメンバーを選出したと発表した】(2010年10月25日)
【データセンタの知性のトップがInterop2010に】(2010年10月25日)
【パニックになるな:IPv4アドレスの枯渇は危機ではない】(2010年10月25日)
【IPv6のアドレス割り当てで知っておくべき10つのこと】(2010年10月25日)
【CHT IPv6実験研究室は米国政府から認定証を得た】(2010年10月25日)
【IPv4の危機:誰も気にしていない別の重要なこと】(2010年10月25日)
【Asterisk 1.8 - 大きな200の新しい機能のリリース】(2010年10月25日)
【ZyXEL社はブロードバンドワールドフォーラム2010において、新しいオンデマンドサービスソリューションの導入をした】(2010年10月25日)
【IPv4:アフリカには4年残されている】(2010年10月25日)
【SimpleSYN 2.1:2つの新しいエディションが、インターネット中でアウトルック2010とグローバルにシンクロする】(2010年10月25日)
【Internode社はデフォルトでIPv6デュアルスタックをサポートする】(2010年10月25日)
【ComcastでUbuntu10.10でIPv6までレベルアップする(Linux.com)】(2010年10月25日)
【Interface Masters社はデータセンタ、企業、本部オフィス向けの48ポートで10ギガビットを管理できるスイッチを発表した】(2010年10月25日)
【ARINはInteropがIPv4アドレス空間を返すことを認識した】(2010年10月25日)
【Avaya社はアドレスのレガシーを移行するAura6.0でポートフォリオをまたぐものを変更すると発表した】(2010年10月25日)
【Interopはかなり多くのIPv4アドレスブロックを返却し、IPv6の適用を進める】(2010年10月25日)
【IinteropはIPv4アドレスの価値を1カ月戻した】(2010年10月25日)
【NetScout社は携帯オペレーター向けにIPサービス保証を再定義しつづける】(2010年10月25日)
【Windows 7はIPv4アドレス空間が5%を切ったので、IPv6準備が済んでいることを認証した】(2010年10月25日)
【MontaVista社は地金のパフォーマンスとキャリアのグレードに応じたエディションのマルチコアアーキテクチャ組み込みバーチャリゼーションを提供】(2010年10月25日)
【NetLogic Microsystems社は次世代ネットワークソリューションのための革新とリーダーシップを推進するためのネットワークの知的連携に参画した】(2010年10月25日)
【Cisco社の新しいDOCSIS 3.0技術はケーブル会社がAll-IPを進める契機になる】(2010年10月25日)
【Windows7をIPv6のために直すことは頭痛の種である】(2010年10月20日)
【eGlobalTech社の副社長は国際会議におけるアメリカのIPv6適応についての代表・専門家として選出された】(2010年10月20日)
【Red Hat Enterprise Linux 6が候補をパートナーに利用できるようにした】(2010年10月20日)
【ARRIS社は主要なダウンストリームの密度をアップグレードし、C4 CMTS向けIPv6サポートをすると発表した】(2010年10月20日)
【Arbor Networks社は新しいDDoSを軽減する製品を紹介している】(2010年10月20日)
【gogoNETライブ!IPv6会議がシリコンバレーで開かれる】(2010年10月20日)
【Zyxel社はZ-Wave/ZigBeeゲートウェーをビルトインしたDSLモデムを発表した】(2010年10月20日)
【ケーススタディ:インターネットに繋がっている機器をサーバーとして利用する】(2010年10月20日)
【なぜIPv6が必要なのか?Vint Cerf氏を非難しよう】(2010年10月19日)
【IPv4の枯渇とIPv6の適用の間のギャップは広がっている】(2010年10月19日)
【A10 Networks社は固有の幅広い、顧客が動かせる機能をもったAXシリーズアプリケーションデリバリーコントローラーを発表した】(2010年10月19日)
【IPv6は次のIP乗り換えの大きな一歩だ】(2010年10月19日)
【NetLogic Microsystems社はIPv6処理の製品ラインを最新の40nm技術を用いたNL10 Kナレッジベースプロセッサーで拡張した】(2010年10月19日)
【Blue Coat社の主任研究員はオーストラリアIPv6サミットにおいてインターネットセキュリティーとIPv6について議論】(2010年10月19日)
【JITC社は、Unicoi Systemsのソリューションを最適化:フュージョンエンベデッド™ グローバルネットの中心となるアプリケーションのためにデザインされたTCP/IPv4/IPv6デュアルモードネットワークスタック】(2010年10月19日)
【Ciphertex社は秋のInteropとTechno Forensics Expoで、新しいCX-5000NAS、安全なネットワークストレージ機器を発表した】(2010年10月19日)
【最後のIPv4アドレスが数カ月以内に発行されるとNROが警告】(2010年10月19日)
【なぜIPv6が必要なのか?Vint Cerf氏を非難しよう】(2010年10月19日)
【政府はIPv6の適用をリードしていく】(2010年10月19日)
【Proxim社は4Gの無線ネットワークの「帰路の」需要を満たさなくてはならないようだ】(2010年10月18日)
【Syd氏が垣間見た未来】(2010年10月18日)
【Cyberoam社は先見性をもったアプローチを奨励している】(2010年10月18日)
【Space and Naval Warfare Systems Command(SPAWAR)のチームは、ワークショップにおいてIPv6から得た教訓について発表した】(2010年10月18日)
【Casa Systems社はCMTS C10Gの第3世代を発表した】(2010年10月18日)
【IPv6:新しい2000年問題の帰り道】(2010年10月18日)
【IPv6とIPv4が平和に共存する5つの方法】(2010年10月18日)
【BlueCat社はIPv6のサポートを増強した】(2010年10月18日)
【新しい沖のB700 LEDシリーズは中小企業をターゲットにしている】(2010年10月18日)
【REDCOM社はSLICE2100のバージョン4の主な拡張について発表した】(2010年10月18日)
【IPv4アドレス空間は残り5%を切った】(2010年10月18日)

NROの本日の発表によると、まだ割り当てられていない世界のIPv4アドレスは5%以下になったとのことである。APNICはIANAに2ブロックのIPv4アドレスを割り当てた。
この最近の割り当ては、たった9ヶ月前にIPv4の自由に使えるプールが1月に10%を下回ったことを意味する。従って、2億を超えるIPv4アドレスがIANAからRIRsに割り当てられた。

【BlueCatネットワーク社は最も完全なIPv6アドレスマネジメントプラットフォームを発売した】(2010年10月17日)
【新しいとても広範な気温に対応したUPSがFalcon Electric社の設計で誕生、摂氏65度(華氏149度)まで持ちこたえる】(2010年10月17日)
【サイバー犯罪者は今のIPv4アドレスが枯渇し、企業がIPv6に移行したら襲いかかる準備ができていると、セキュリティー会社が警告している】(2010年10月17日)
【snom社はIP PBXをデスクトップフォンのラインアップに追加した】(2010年10月17日)
【IPv6の調査は、重要なメッセージが伝わっていかない事を示した】(2010年10月17日)
【ネットアドレスに抜本的な変化が来る】(2010年10月17日)
【IPv6と故障の恐れ】(2010年10月17日)
【Home Gateway Initiativeは第2回目の年次テストイベントを主催すると発表した】(2010年10月17日)
【American Registry for Internet Numbers (ARIN)の会長でCEOのJohn Curran氏は、必須のWebinarのIPv6を10月14日に行うと発表した】(2010年10月17日)
【Incognito社はケーブル技術博でIPv6の開発について強調した】(2010年10月17日)
【IPv6:あなたの会社は準備ができているか?】(2010年10月17日)
【Sonus NetworksはConnexions 2010で最初の、未来の通信の技術の形を手に取れる形で見せてくれる】(2010年10月12日)
【「インターネット関連の物事」の弱点】(2010年10月12日)
【Brocade社は首都圏を代表するサービスプロバイダーが、企業顧客を惹きつけ、留めることのできるようになったと述べた】(2010年10月12日)
【Cheetah Technologies社は、CMD-EL+が全てのデジタルQAMキャリアーのモニタリング機能を拡張し、製品がDOCSIS 3.0, IPv6をサポートしているとアナウンスした】(2010年10月12日)
【VeriSign社:われわれはIPv6を牽引しつづける】(2010年10月12日)
【INZ(InternetNZ):「新しいインターネット」のメッセージは伝わらない】(2010年10月12日)
【なぜIPv4枯渇ヒステリーを無視して良いのか】(2010年10月12日)
【幅広い気温でも無停電の電力供給がFalcon Electric社によって過酷な環境用に導入された】(2010年10月11日)
【IPv4を手放す時が来た】(2010年10月11日)
【IPv6スイッチ:あなたの機器は準備ができているか?】(2010年10月11日)
【十分な資金をもって、スマートグリッドの立ち上がりを動かすための投資収益率を定義した】(2010年10月11日)
【ビデオブログ:あなたのビジネスをIPv6に遅きに失する前に移行しよう】(2010年10月10日)
【ペンタゴンのサイバー戦争ゲームの内側】(2010年10月10日)
【クラウドコンピューティングの最善のケースは10年以上先になるだろう】(2010年10月10日)
【IBERDROLA社とERDF社はスマートグリッド、計測の国際的オープンPLCスタンダードに向けて協力する】(2010年10月10日)
【AT&T社は新しいイギリスのインターネットデータセンターのホスティングとアプリケーションサービスで市場を拡大した】(2010年10月10日)
【Mu Dynamics社は2010年のテキサスIPv6タスクフォースサミットで発表する】(2010年10月10日)
【もし私のウェブサイトがIPv6で接続可能にしたら、顧客を失うだろうか?】(2010年10月10日)
【People Power社はSuRF BlockとOSIANによって製造業者が簡単にどんな製品でもインターネットにつなげることができるとアナウンスしている】(2010年10月10日)
【Xelerated社はワイヤースピードをデザインアーキテクチャで実現した】(2010年10月10日)
【Commsupport Networks社の無料オンラインCCNA】(2010年10月10日)
【Billion社のBiPAC 7800NL】(2010年10月10日)
【IPv6へ移行する利点】(2010年10月10日)
【"世代の能力を超える" - Ontario advanced network社は100Gの使用可能なネットワークを最初に発表した】(2010年10月10日)
【NGNフォーラムはスマートエナジーフォーラムを立ち上げた】(2010年10月10日)
【マイクロソフト社のSMBが成長】(2010年10月10日)
【Command Information社は技術の第一人者として選ばれた】(2010年10月10日)
【Perle Systems社はコンパクトな8ポートのRS232をイーサーネットターミナルサーバ用に発売した】(2010年10月10日)
【文化価値にとってのICTのインパクトについてITUで議論が行われる】(2010年10月9日)
【VoIPによる電話サービス‐アジア太平洋地域の信頼できるI/O電源モジュールインテグレーターであるLGSがより成功を収めている】(2010年10月9日)
【インターネットアドレスの不足はハードウェアベンダーにとっての急成長をもたらすかもしれない】(2010年10月9日)
【NATはIPv6へ移行する必要性についてあなたを救ってはくれない】(2010年10月9日)
【大規模なNATはIPv4を救えるか?】(2010年10月9日)
【ARIN(American Registry for Internet Numbers)は電気通信情報局のIPv6ワークショップから得られた鍵となる発見について詳述した】(2010年10月9日)
【先進国は電子廃棄物の投棄をやめるべきである】(2010年10月9日)
【IPv6:中東のビジネスにおける価値のある変化と再構築】(2010年10月9日)
【Roaring Penguin Software社はIPの評価構造のためのインターネットのドラフトをインターネット技術タスクフォース(IETF)に提出した】(2010年10月3日)
【ネットの戦争:取り組むべき義務】(2010年10月3日)
【米連邦政府は新しいIPv6の締め切りを課した】(2010年10月3日)
【Tuscany Networks社のCTOは、DNSとDHCP、IPアドレスの管理について語った】(2010年10月3日)
【HSBC社はIPv6の適用でリードする】(2010年10月3日)
【TurnKey Internet社は全顧客に対してIPv6を提供する】(2010年10月3日)
【Netgear社は新しい要請のもと、中間層のマーケットに照準を絞る】(2010年10月3日)
【インターネットアドレス、特に固有のものは、得るのがより難しくなるであろう】(2010年10月3日)
【IPv6界を代表する専門家がChannel Vision Expoにおいて、IPv6移行の状況について議論する】(2010年10月3日)
【プランBは存在しない:なぜIPv4からIPv6への移行は不快なものになるのだろうか】(2010年10月3日)
【Pervasive Software社はマルチコア対応のPervasive PSQL v11 MCを発表した】(2010年10月3日)
【Lantronix社はAccessMyDeviceを発売】(2010年10月3日)
【インターネットソサエティーはユーザーに語る:立ち上がり、ネットを防御せよ】(2010年10月3日)
【アメリカ政府の命令はIPv6の適応を促進するだろうか?】(2010年10月3日)
【Comcast社:我々は独自に設定したIPv6の期限に間に合わせる】(2010年10月3日)
【少なすぎ、遅すぎる:米連邦政府のIPv6の提唱】(2010年10月3日)
【マルチファンクションのDSLゲートウェーは、全ての通信会のリーダーたちのブロードバンドインターネットとデジタルホームIPTVの緊急性の高い要求事項を満たしている】(2010年10月3日)
【携帯端末のブームがアメリカのネットアドレスの不足に拍車をかける】(2010年10月3日)
【米連邦政府のIPv6計画は、「ゲームチェンジャー」と呼ばれている】(2010年10月3日)
【Kundra氏は新しいIPv6の締め切りを設けた】(2010年10月3日)
【シスコ社は自社製品を使う】(2010年10月3日)
【NANOG50はIP移行技術について述べている】(2010年10月3日)
【米国行政管理予算局(OMB), CIO Councilは新しいIPv6のガイドラインを発行した】(2010年10月3日)
【米国電気通信情報庁(NTIA)はIPv6のワークショップを持つ】(2010年10月3日)
【公共機関は別のIPv6に関する指令にコミットするのか?】(2010年10月3日)
【ようやく、オバマ大統領がIPv6について強調した】(2010年10月3日)
【9年間のRIPEデータベースの目的をみる:IPv6に関する目的が持ち上がる】(2010年10月3日)
【企業、ドメイン登録業者は、IPv6の適応にもたついている】(2010年10月3日)
【5年計画:ITが解決しなくてはならない8つの問題】(2010年10月3日)
【Canterbury地区健康局はスイッチのアップグレードを計画している】(2010年10月3日)
【Spamhaus社はホワイトリストを開始した】(2010年10月3日)
【Parvus社はアメリカ海軍のシーホークヘリコプターのプログラムの継続契約を受けた】(2010年10月3日)
前のページへ戻る
ページ最上部へ
ニュースアーカイブ