IPv6普及・高度化推進協議会

54.166.199.178
HOME事務局からのお知らせお問い合わせサイトマップENGLISH
事務局からのお知らせ
(2012年10月16日)
IPv6・センサネットワーキングコンソーシアムセミナーご招待について
会員各位

この度、当協議会が協力しておりますIPv6・センサネットワーキングコンソー
シアム事務局より、当協議会会員の皆様を「IPv6・センサネットワーキング
コンソーシアムセミナー」へ無料でご招待の旨、ご案内が届きました。

ご興味のある方は、ぜひこの機会に参加申込方法に沿ってお申し込みください。

↓以下、ご案内です。
=======================================================================
日ごろは当コンソーシアムの活動にご協力頂き誠にありがとうございます。
今年も、標記セミナーを開催しますので、ご参加よろしくお願いします。

-----  IPv6・センサネットワーキングコンソーシアムセミナー
      -IPv6普及・高度化推進協議会殿ご招待-

      センサ&ビッグデータとスマートグリッド
 -ビッグデータとユーザ連携が節電やセンサ活用ビジネスを変えるー

【日 時】:2012年10月30日(火) 14時00分~16時30分(開場:13時30分) 

【会 場】:パナソニック東京汐留ビル(セミナー受付:4階)
      住 所:東京都港区東新橋1丁目5番1号 TEL:03-6218-1131
      マップ:http://panasonic.co.jp/showroom/tokyo/access/
【主 催】:IPv6・センサネットワーキングコンソーシアム

  ※お申込みは、末尾の書式をinfo@ipv6sensor.net まで送付願います。

■インターネットの普及によりセンサによってビルや家庭、公共空間から
膨大なデータが収集されるようになっています。また、スマートグリッド
の鍵となるデマンドレスポンスでは、ICT技術と電力会社とユーザの協調
連携により電力逼迫への解消が期待されます。

■IPv6・センサネットワーキングコンソーシアムでは、電力使用量、温度
湿度、CO2、放射線等の測定を行うとともに、インターネットでサーバに
自動蓄積し、その膨大なデータの活用方策を検討してきました。
その活動の中で、ビッグ・センサデータの活用とビジネス側/ユーザ側の
連携モデルが鍵と考えています。

■本セミナーでは、節電や自動車テレマティクス分野へのセンサ・ビッグ
データの活用可能性、デマンドレスポンスの標準化動向、及びコンソー
シアムからのセンサ&ビッグデータ活用とユーザ連携によるビジネス変革
に関する提言を行います。

【プログラム】
14:00-14:45
【節電、自動車テレマティクスサービスへのビッグデータの活用可能性】
  株式会社ユビテック UGSタスク グリーンITシステムコンサルタント
  IPv6・センサネットワーキングコンソーシアム 遠山 真

 ビッグデータの概要をセンサデータの観点から整理し、ご説明します。
 また、センサ&ネットワークを活用したユビテック社の節電、自動車
 テレマティクスサービスを例にビッグデータの活用可能性を提示します。
  ・ビッグデータとはなにか、何ができるのか、どのように分析するのか
  ・どのようなビッグデータ、どのような事例があるのか、課題はなにか
  ・節電、自動車テレマティクスサービスのビッグデータへの展開 etc.

14:50-14:35 
【業務・産業事業所におけるデマンドレスポンスの標準化動向】
  一般財団法人電力中央研究所 社会経済研究所 電気事業経営領域
  主任研究員 山口 順之様

 スマートグリッドにおけるデマンドレスポンスの標準の一つである
 OpenADRなどの国際標準化に関して,海外動向や電気学会調査専門委員会
 SGTECでの共通情報モデルなどを紹介します。
  ・OpenADRなど需要家の電力使用情報の国際標準化の動向
  ・中小規模ビルにおけるエネルギー管理とデマンドレスポンス
  ・電気学会SGTECの需要家の共通情報モデル etc.

15:40-16:30
【センサ&ビッグデータ/ユーザ連携/IPv6・・・
             これからのビジネスの課題と解決のヒント】
  IPv6・センサネットワーキングコンソーシアム WG主査
  パナソニック株式会社エコソリューションズ社 技術本部
  システム開発センター 参事 藤原 憲明
 コンソーシアムでの電力等の計測実証実験やWGでの調査検討により
 明らかになってきたセンサ&ネットワーク活用ビジネスの課題と
 その解決のヒントについてご説明します。
  ・家庭での計測実証実験から分かったこと、分からなかったこと
  ・センサ&ネットワークが作り出すビッグデータとその活用上の課題
  ・課題解決を実現する情報通信技術やビジネスモデル etc.

【定 員】:50名(先着順) 
【参加費】:無料 
【お申込】:末尾の書式でE-mail:info@ipv6sensor.netにお申込願います。

事務局:IPv6・センサネットワーキングコンソーシアム事務局
    株式会社ユビテック 遠山真
    〒141-0031 東京都品川区西五反田1-18-9 五反田NTビル 6F
    TEL:03-5487-5566 FAX:03-5487-5561 E-Mail: info@ipv6sensor.net

---------ご出席登録 (info@ipv6sensor.net 宛にお願いします)------

IPv6・センサネットワーキングコンソーシアム無料セミナーに出席します。

  ご参加者氏名    〔                           〕
  会社名・部署名  〔                           〕
  メールアドレス  〔                           〕

-------------------------------------------------------------------
前のページへ戻る
ページ最上部へ